新井和輝(KingGnuベース)の師匠と経歴が凄い!結婚する彼女はいるの?
*本ページはプロモーションが含まれています

新井和輝さんをご存知ですか?

 

新井さんは、ロックバンド、KingGnuのベーシストです。

 

KingGnuは、「白日」がテレビドラマの主題歌になり、
2019年の紅白歌合戦への出場を果たしました。
デビュー1年余りで、物凄い勢いで人気のロックバンドへと成長しています。

 

そんなKingGnuのベーシスト、新井和輝さんの
・師匠と経歴
・結婚する彼女
について記事にしていきたいと思います。

 

後半には、新井さんがベースをカッコよく
弾いている動画もありますよ!数年前なので貴重ですよ!

 

新井和輝(KingGnuベース)の師匠と経歴が凄いの?

新井和輝さんの師匠と経歴が凄いようです。

一体どんな師匠で、どんな経歴でKingGnuのメンバーになってのでしょう。

新井和輝さんの学歴も合わせて調べてみました。

 

 

新井和輝(KingGnuベース)の師匠が凄い?

新井さんが高校生の時、先輩に誘われジャズ喫茶に行ったそう。
高校生でジャズ喫茶は渋いですね。

 

そこですっかりジャズにハマってしまい、
ライブハウスに通うようになったそうです。

 

そしてライブハウスに通うことで、
世界的ベーシスト日野“JINO”賢二さんに出会います。
そして弟子になったそうです。
弟子になったのは、新井さんが高校2年生のとき!

 

ちなみに、日野“JINO”賢二は、
ジャズ・トランペット奏者の日野皓正の息子さんです。

高校卒業後、大学に進学。

 

19歳のときに、コントラバス(ウッドベース)を始めました。
ベースの演奏に活かすことができるようにと始めたそうです。

 

この時の師匠が、ジャズベーシストの河上修さんです。
そして、新井和輝さんは、大ベテランの
ジャスベーシストの河上修さんのお宅に
住み込みでベースを教えていただいていたようです。
すごいですね!

 

新井和輝(KingGnuベース)の経歴もすごい?

凄い方々が師匠なのがわかりましたね。
経歴も凄そうですね!

 

新井和輝さんの経歴と合わせて学歴を調べてみました。

 

誕生〜小学生時代

1992年10月29日生まれ。
東京都福生市出身。

 

福生市には、米軍の横田基地があるので、
ジャズ喫茶も多いかもしれませんね。

 

ご実家では、「まめ」と「そら」という2匹の猫を飼っていたそうです。

 

小学生の時の卒業文集には、
将来は「NBAの選手になりたい」と書いていたようです。

 

中学生時代

スラムダンクも読んで、NBAに憧れ、中学に入ってバスケ部に入部します。
ですが、なんとたった3か月で退部してしまいます。

 

退部理由は、コーチが怖いから・・・・
バスケ部って厳しそうですもんね。

 

バスケ部を退部後、半年間は帰宅部をしていたそうです。

 

やっぱり部活をやりたいと思ったのでしょう。
陸上部に入部しました。
陸上部を選んだのは、あまり厳しくなさそうだから。
新井さんは体育会系な厳しさは、あまり好きではなさそうですね。

 

そして、中学2年生の時に、友達から「バンドやろうぜ」と誘われます。

 

新井さん以外の友達は楽器をすでに持っていました。
新井さんは楽器を持っていなかったため、
新たに始めるのにはベースがちょうどいい!
と言うことで、ベースになったそうです。

 

そんな新井さんの出身中学はどこなのでしょう?

 

福生市には、福生第一中学校、福生第二中学校、福生第三中学校と
3つの中学校があります。

 

どの中学か、調べてみましたが確認はできませんでした。
3つのうちのどこかの中学でしょうね。

 

高校時代

中学を卒業後、東京都立青梅総合高等学校に入学します。

 

青梅総合高等学校は元は農林高校だったらしく、
学校の敷地がものすごく広いそうです。
ディズニーランド二つ分とか。
野菜も作るみたいですね!

 

新井さんは高校時代、軽音楽部に入ります。
軽音部では、アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
やRADWIMPSなどのコピーをしていたそうです。

 

ジャズに出会ったのは高校生の時でしたね。

 

大学時代

高校卒業後は東京経済大学に進学します。

 

友人が国立音楽大学に通っていて、
新井さんは国立音大学生ではなのに、
国立音大の名門学生ジャズバンド
「NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA」
バンドのサークルに参加します。

 

国立音大のビッグバンドサークルは、
ギターとベースのパートは、
外部から参加するのが通例だったそう。

 

新井さんが参加する前にベースをしていた先輩と
知り合いだったことから、入ることができたそうです。

 

山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテスト で最優秀賞受賞しています。

 

KingGnuの結成

新井さんは、ジャムセッション(即興演奏)を重ねるなかで
ドラムの勢喜遊さんと出会います。

 

セッションだけの音楽にも飽きているところ、
常田大季(KingGnuボーカル・ギター)さんから、
バンドのサポートの話がきたそうです。

 

井口理(KingGnuボーカル・キーボード)さんと
バンドのサポート活動からそのまま加入となりました。

 

最初のバンド名は、Srv.Vinci(サーバ・ヴィンチ)。
その後、KingGnuと改名して2019年にメジャーデビューしました。

 

King Gnu以外のバンドやベースプレイヤーとしての
サポート活動はメジャーデビュー後も続けられています。

新井和輝(KingGnuベース)に結婚する彼女はいるの?

ドラムの勢喜遊さんは、2019年10月29日に白藤ひかりさんと入籍しています。この二人の出会いを作ったのは二人の新井さんだそうですが、新井さんには結婚する彼女はいるのでしょうか?

 

新井さんに彼女はいます!

 

新井さんは井口さんと共同生活をしています。
家賃7万円のコーポに住んでいるそうです。
そこに出入りするかわいらしい女の子がいるそうです。
週刊文春に写真が出ていましたね。

 

文春の取材にも、「あ、これ彼女ですね」と爽やかに認めたそう。

 

新井さんは井口さんの洗濯ものをしたり、家庭的なところもあるとか。
結婚となるかはわかりませんが、仲良くおつきあいして欲しいですね。

 

文春の記事を読む

 

\新井和輝さんのベースかっこいいです!/



 

 

スポンサーリンク

まとめ

KingGnuのベーシスト、新井和輝さんの
・師匠と経歴
・結婚する彼女
について調べてみました。

 

どんどん成長していくKingGnu。これからの活躍も楽しみですね!

 

新井和輝さんのツイッターやインスタグラムもチェックしてみてくださいね!

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

おすすめの記事