【子どもオンライン英会話hanasokids】無料体験レポート!
現在小2の娘。オンライン英会話の手軽さには魅力を感じつつも、対面式に敵うものはないと、3歳の頃より英会話教室に通い続けてきました。   実際、家庭での英語時間も含めると、すでに英語学習歴7年の彼女。しかし小学校へ入学すると、学校の宿題や、他の習い事との兼ね合い。幼児期のように自由に時間が取れなくなってくるのが現実です。   ・・・ということで、 今回は「子ども向けオンライン英会話 hanasokids」の無料体験をしてみました。  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/

  ↓ ↓ ↓  

この記事の目次

無料体験の申し込みは簡単!

「子ども向けオンライン英会話 hanasokids」のホームページを開くと、まず最初に「今すぐ2回の無料体験レッスンへ!」というバナーが目に飛び込んできます。   そのページからメールアドレスと希望のパスワードを入力し、「同意して入力内容を確認する」と書かれたボタンをクリックします。   入力内容に間違いがなければ、 「OK」ボタンをクリック。次へ進むと、「無料体験への登録ありがとうございます。」というメッセージが出てくるので、hanasokidsからメールが届いているか確認しましょう。   受信したメール内のリンクをクリックすることで、体験申込み受付となります。ニックネームやスカイプ名など、登録情報を入力し、「登録」ボタンをクリック。入力内容を確認して 「OK」ボタンをクリックすると、登録完了です。  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/

  ↓ ↓ ↓  

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】 スカイプレッスン使用方法は画像付きで安心

ホームページのマニュアル通り、スカイプをダウンロードしたら、レッスンの予約ページへ進み、希望レッスンを選択します。   これらはすべてホームページ上の「はじめての方へ」という部分に、画像付きで懇切丁寧に説明がされているため、初めてオンライン英会話を体験する方はもちろん、初めてスカイプを使用する方でも、全く心配はありません。  

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】 驚愕!無料体験なのにレッスンのリクエスト項目が細かい!

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/

  ↓ ↓ ↓  

【効率的なシステムを採用】 講師を前もって確認することができる!

30名弱の先生のプロフィールが詳細に記されたページには、講師の方々からの自己紹介映像も載せられ、講師の方の雰囲気、話すスピードなどが確認できます。   対面であろうとオンラインであろうと、子どもの英語学習の際に重要なのは先生との出会いだと信じている我が家。このようにあらかじめ講師の方についての情報が得られると、効率良く自分に合った先生が見つかりやすいもの。   そして、もう一つ外せなかった要素は「発音」です。   英語がインターナショナルランゲージであるからには、様々な発音があって良いとはよく言われることですが、決してアメリカ人のような発音でなくとも、相手が聞きやすい英語であってほしいというのは、以前からの思いでした。   特に、ロールモデルの影響を受けやすい幼児期・学童期には、どうせ習うのであれば、訛りの強い発音よりも聞きやすい発音をお手本にしたいもの。こういった部分もあらかじめ映像にて確認できるのは、受講生にとっては安心材料の一つとなるでしょう。  

講師の細かいプロフィールからも検索可能!レッスンの評価が5段階

今回子どもが選んだのはフィリピン出身の先生でした。   時間的に合う先生という条件で検索したところ、20代の若い先生というお姉さん的な存在が、娘の心を掴んだようです。   我が家は、先生を探す際、時間的な部分しか考慮しませんでしたが、その他に「性別」「年代」「講師歴」「日本語スキル」も検索にかけられるため、自分の希望とマッチする先生を簡単に検索することができます。   それぞれの先生のプロフィールページにはレッスン評価が「とても満足」「満足」「普通」「不満」「とても不満」と5段階で載せられているため、この辺りも参考にすることが可能です。   今回選んだ先生は評価も素晴らしく、雰囲気もとても柔らかい印象…。安心してPCの前に座りました。

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】いよいよ無料体験レッスンスタート!

ホームページの説明通りにスタンバイ。   10分前にスカイプにログインをし、レッスン開始30秒前に講師の方からメッセージと共に、連絡先追加のレッスンが来ました。   こちらはスクールのホームページに詳細に記載されているため、ただ書かれていることに従うだけ。何の不安を抱くこともなく、すべてがスムーズに運びました。  

リクエスト通りの時間配分

先生からコールを受け、まずは自己紹介からスタート。   名前と学年、学校のこと、好きなフルーツなど、4つほど質問をしていただき、時間にすると2分ほどでした。   我が家がリクエストしていたスモールトーク時間は2分~5分。きちんと時間も守っていただけて、好印象!そして本レッスンがスタートです。   事前に拝聴させていただいた映像の通り、先生の雰囲気が柔らかく笑顔を絶やさない先生でした。結果、スモールトークは短くても打ち解けるまであっというまだった様子。ここはさすが子ども専門のスクールだと感じました。

体験レッスン用の教材も準備されています。今回はこちらから記事を選びました。

体験レッスン用の教材として、市販の人気教材「Let’s Go」が全6レベル用意され、それ以外にも   ・オリジナル無料体験レッスン用教材   ・旅行英語   ・補助教材   など様々な教材が用意されていました。   長年英語に触れている娘には、もう少し踏み込んだ内容を取り入れてほしかったため、今回はニュース記事をチョイス。   寝ても覚めてもLEGOな彼女。TIME for Kidsの中のLEGOに関する記事を選び、あらかじめ講師の方にリンクを送信しておきました。   内容的には、LEGOと環境問題という小学2年生には少々難しい記事でしたが、まずはLEGO全般についてのスモールトークからはじまり、どんなものを作ったことがあるか、これから作りたいものは何かなどという質問に、テンションがアップしていく娘を感じました。   そんな子どもの心を再度掴んだところで、記事を読むことからスタート。

常に子どもの意見を尊重してくれる

「自分で読んでみる?それとも先生の後について読んでみる?」と、常に子どもに選択肢をくださった先生。「〇〇しましょう。」といった形で先生主導のレッスンになってしまう先生も多い中、先生は常に子どもの意見を尊重してくださいました。   25分の中に自己選択がたくさん含まれているため、満足気の様子の娘。子どもにとって「やらされている」感が満載のタスクは、うまく進まないことが多い中、自分が主導となっている感覚を覚えるタスクは、見事に集中力が続くものだと改めて感じました。   先生が一文を読んだ後、娘も一文を読むという形で音読は続き、難しい語彙はゆっくりと改めて発音をしてくれました。   その後は語彙チェック。   分からない語彙を娘があげ、先生が一つずつ例文と共に説明をしてくれます。しかし、中には、その定義自体が難しく、娘が理解できないものも含まれていました。   今回は環境問題に関するニュース記事ということで、”sustainable”といった日本語でも理解しづらいような語彙も含まれ、たまに首をかしげる娘。 けれども、先生は何とかコンセプトをつかませようと、あれこれと例文を用意して一生懸命説明をしてくださいました。語彙の説明が終わった後は、記事についての意見交換の時間。   途中、娘が自分の意見と言うよりもサマリーを伝えるような形となってしまったのですが、そんな時も指摘せずに、「よく文章が理解できていて、素晴らしいわ。」と褒めてくださり、終始笑顔だった娘。久しぶりの体験レッスンはあっという間の時間でした。  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/ ↓ ↓ ↓

 

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】子ども専用というメリット!

レッスン後、娘に感想を聞くと、先生が優しかったので、初対面でも安心して話ができたということ。   ただ、先生が説明してくださる語彙の意味が100%分からない部分もあったので、これはもう一度自分でも調べてみたいとのことでした。そんな風に次につながるようなレッスンをしてくれた先生。   親の目線から感想を述べさせていただくと、今回一番感じたことは、子ども専用のオンライン英会話ということで、先生が本当に子どもに慣れていらっしゃるということ。   表面的な扱いに慣れているという意味ではなく、子どもの持つ力を十分に理解し、答えるのに時間がかかっても、笑顔で待ち続けてくれる姿に、子どもの本質を知っていらっしゃる先生だと感じました。   きっと、こんな大人側の気持ち一つで、子どもは英語を楽しめるか否かの分かれ道になってしまうのだと思います。

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】「英語が好き」という気持ちに寄り添ってくれるスクール

「英語が出来ると世界が広がる」   よく聞くフレーズですが、英語歴7年の娘を見ながら日々実感します。   観る映画も、読む本も、遊ぶ友達も、日本語と英語を分け隔てなく向き合っている彼女。しかし、言語というのは使わなければ忘れてしまいます。   そういった意味で、「英語が好き」といった気持ちを助長させてくれる先生、可能性を広げてくれるスクールとの出合いが、何よりも大切だと考えています。   日本に暮らし、日本で学校に通う子どもが、英語習得をすることは決してたやすいことではありませんが、だからこそ価値あるのでしょう。この親子の努力が、将来子どもの未来を光らせてくれるのだとしたら、実践しない手はないと信じている我が家。   親子一緒に走れる時間はそう長くはありません。期間限定だからこそ、この一瞬一瞬を大切にし、英語という新たな世界を娘と一緒に開くことを出来ることに喜びを見出している毎日です。   まずは体験レッスンへ!  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/ ↓ ↓ ↓

  レッスン予約のページに行くと、驚いたことがあります。それはレッスンに対する項目の詳細さです。   レッスン内容をリクエストできるのはもちろんのこと、   「講師が話すスピード」   「発音修正の頻度」   「文法修正の頻度」   「チャットボックスの使用」   を細かく指定することができました。   英語学習の低年齢化が進む中、乳幼児の頃から英語に触れてきた子どもにとっては、この辺りはとても大事な条件です。   子どもだからと言ってスピードを落としてくれたり、分からない言葉はチャットボックスにすべて書いてくれたり、講師の方々の配慮が、実は無駄になってしまうことも少なくありません。   限られたレッスン時間内に、いかに無駄なく必要なことをテンポよく進められるかが、受講生には大変重要な要素だと考えています。  

25分間のレッスンを存分に使える受講生への配慮とは?

「レッスン開始時のスモールトーク」も、お互いを知る上では有効なのかもしれませんが、個人的には毎回スモールトークがレッスン内の半分を占めてしまうのは、もったいない気がしていました。   しかし、そんな受講生の思いを汲んでくださっているhanasokidsさん。   「初めての講師との自己紹介」も「不要」「2分~5分」といった形でリクエストすることができ、25分のレッスン時間に無駄が生まれないような設定があらかじめ組み込まれているところに、受講生への配慮が感じられました。  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/

  ↓ ↓ ↓  

【効率的なシステムを採用】 講師を前もって確認することができる!

30名弱の先生のプロフィールが詳細に記されたページには、講師の方々からの自己紹介映像も載せられ、講師の方の雰囲気、話すスピードなどが確認できます。   対面であろうとオンラインであろうと、子どもの英語学習の際に重要なのは先生との出会いだと信じている我が家。このようにあらかじめ講師の方についての情報が得られると、効率良く自分に合った先生が見つかりやすいもの。   そして、もう一つ外せなかった要素は「発音」です。   英語がインターナショナルランゲージであるからには、様々な発音があって良いとはよく言われることですが、決してアメリカ人のような発音でなくとも、相手が聞きやすい英語であってほしいというのは、以前からの思いでした。   特に、ロールモデルの影響を受けやすい幼児期・学童期には、どうせ習うのであれば、訛りの強い発音よりも聞きやすい発音をお手本にしたいもの。こういった部分もあらかじめ映像にて確認できるのは、受講生にとっては安心材料の一つとなるでしょう。  

講師の細かいプロフィールからも検索可能!レッスンの評価が5段階

今回子どもが選んだのはフィリピン出身の先生でした。   時間的に合う先生という条件で検索したところ、20代の若い先生というお姉さん的な存在が、娘の心を掴んだようです。   我が家は、先生を探す際、時間的な部分しか考慮しませんでしたが、その他に「性別」「年代」「講師歴」「日本語スキル」も検索にかけられるため、自分の希望とマッチする先生を簡単に検索することができます。   それぞれの先生のプロフィールページにはレッスン評価が「とても満足」「満足」「普通」「不満」「とても不満」と5段階で載せられているため、この辺りも参考にすることが可能です。   今回選んだ先生は評価も素晴らしく、雰囲気もとても柔らかい印象…。安心してPCの前に座りました。

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】いよいよ無料体験レッスンスタート!

ホームページの説明通りにスタンバイ。   10分前にスカイプにログインをし、レッスン開始30秒前に講師の方からメッセージと共に、連絡先追加のレッスンが来ました。   こちらはスクールのホームページに詳細に記載されているため、ただ書かれていることに従うだけ。何の不安を抱くこともなく、すべてがスムーズに運びました。  

リクエスト通りの時間配分

先生からコールを受け、まずは自己紹介からスタート。   名前と学年、学校のこと、好きなフルーツなど、4つほど質問をしていただき、時間にすると2分ほどでした。   我が家がリクエストしていたスモールトーク時間は2分~5分。きちんと時間も守っていただけて、好印象!そして本レッスンがスタートです。   事前に拝聴させていただいた映像の通り、先生の雰囲気が柔らかく笑顔を絶やさない先生でした。結果、スモールトークは短くても打ち解けるまであっというまだった様子。ここはさすが子ども専門のスクールだと感じました。

体験レッスン用の教材も準備されています。今回はこちらから記事を選びました。

体験レッスン用の教材として、市販の人気教材「Let’s Go」が全6レベル用意され、それ以外にも   ・オリジナル無料体験レッスン用教材   ・旅行英語   ・補助教材   など様々な教材が用意されていました。   長年英語に触れている娘には、もう少し踏み込んだ内容を取り入れてほしかったため、今回はニュース記事をチョイス。   寝ても覚めてもLEGOな彼女。TIME for Kidsの中のLEGOに関する記事を選び、あらかじめ講師の方にリンクを送信しておきました。   内容的には、LEGOと環境問題という小学2年生には少々難しい記事でしたが、まずはLEGO全般についてのスモールトークからはじまり、どんなものを作ったことがあるか、これから作りたいものは何かなどという質問に、テンションがアップしていく娘を感じました。   そんな子どもの心を再度掴んだところで、記事を読むことからスタート。

常に子どもの意見を尊重してくれる

「自分で読んでみる?それとも先生の後について読んでみる?」と、常に子どもに選択肢をくださった先生。「〇〇しましょう。」といった形で先生主導のレッスンになってしまう先生も多い中、先生は常に子どもの意見を尊重してくださいました。   25分の中に自己選択がたくさん含まれているため、満足気の様子の娘。子どもにとって「やらされている」感が満載のタスクは、うまく進まないことが多い中、自分が主導となっている感覚を覚えるタスクは、見事に集中力が続くものだと改めて感じました。   先生が一文を読んだ後、娘も一文を読むという形で音読は続き、難しい語彙はゆっくりと改めて発音をしてくれました。   その後は語彙チェック。   分からない語彙を娘があげ、先生が一つずつ例文と共に説明をしてくれます。しかし、中には、その定義自体が難しく、娘が理解できないものも含まれていました。   今回は環境問題に関するニュース記事ということで、”sustainable”といった日本語でも理解しづらいような語彙も含まれ、たまに首をかしげる娘。 けれども、先生は何とかコンセプトをつかませようと、あれこれと例文を用意して一生懸命説明をしてくださいました。語彙の説明が終わった後は、記事についての意見交換の時間。   途中、娘が自分の意見と言うよりもサマリーを伝えるような形となってしまったのですが、そんな時も指摘せずに、「よく文章が理解できていて、素晴らしいわ。」と褒めてくださり、終始笑顔だった娘。久しぶりの体験レッスンはあっという間の時間でした。  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/ ↓ ↓ ↓

 

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】子ども専用というメリット!

レッスン後、娘に感想を聞くと、先生が優しかったので、初対面でも安心して話ができたということ。   ただ、先生が説明してくださる語彙の意味が100%分からない部分もあったので、これはもう一度自分でも調べてみたいとのことでした。そんな風に次につながるようなレッスンをしてくれた先生。   親の目線から感想を述べさせていただくと、今回一番感じたことは、子ども専用のオンライン英会話ということで、先生が本当に子どもに慣れていらっしゃるということ。   表面的な扱いに慣れているという意味ではなく、子どもの持つ力を十分に理解し、答えるのに時間がかかっても、笑顔で待ち続けてくれる姿に、子どもの本質を知っていらっしゃる先生だと感じました。   きっと、こんな大人側の気持ち一つで、子どもは英語を楽しめるか否かの分かれ道になってしまうのだと思います。

【子ども向けオンライン英会話 hanasokids】「英語が好き」という気持ちに寄り添ってくれるスクール

「英語が出来ると世界が広がる」   よく聞くフレーズですが、英語歴7年の娘を見ながら日々実感します。   観る映画も、読む本も、遊ぶ友達も、日本語と英語を分け隔てなく向き合っている彼女。しかし、言語というのは使わなければ忘れてしまいます。   そういった意味で、「英語が好き」といった気持ちを助長させてくれる先生、可能性を広げてくれるスクールとの出合いが、何よりも大切だと考えています。   日本に暮らし、日本で学校に通う子どもが、英語習得をすることは決してたやすいことではありませんが、だからこそ価値あるのでしょう。この親子の努力が、将来子どもの未来を光らせてくれるのだとしたら、実践しない手はないと信じている我が家。   親子一緒に走れる時間はそう長くはありません。期間限定だからこそ、この一瞬一瞬を大切にし、英語という新たな世界を娘と一緒に開くことを出来ることに喜びを見出している毎日です。   まずは体験レッスンへ!  

\hanasokids無料体験のお申し込みはこちら/ ↓ ↓ ↓

 
おすすめの記事